スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
.-- -- スポンサー広告

▲To Page Top

GACKT『ほっこりする話』

まずは、GACKTに既婚歴があったことに驚きました。
コアなFanは周知なんでしょうね。

が、しかし・・・それ以上にエピソードにほっこり!!

つか、「ほっこり」って、どういう感じなんでしょう??
最近、聞く言葉です。
いい話(感動)って感じでしょうか?

話を戻しまして、元妻さんもいい人ですね。
なぜ、離婚してしまったのでしょう?
もしや「妥協を許さず」が違う意味で働いたのでしょうか(苦笑

だから、MALICE MIZERも脱退したのでしょうか。。。

離婚してなきゃ、よりほっこりするエピソードだと思いました。
見習わなければならないところあるなぁ~(シミジミ

【エンタがビタミン♪】「男としてやっちゃいけないことをした」。GACKTが語る元妻との苦い思い出。
2010年4月27日 18:00
「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演したGACKT、西川貴教、DAIGOの3人。その中でGACKTが元妻との苦い思い出を語った。

恋愛について語っていた3人。
「結婚願望はないの?」という話になった。
するとGACKTが、
「僕、一回したしね・・・」と告白(20歳頃に結婚していたらしい)。
西川もその事実を知らなかったようで、
「あれ、そうなの?」と驚いていた。

GACKTは結婚していた時のことを、
「出会って良かったと思っているし、その子が居たから今の自分がいると思っている」
「出会いを後悔していない」と語った。

「昔はお金に執着がなかった」そうなのだが、元妻と出会って金銭感覚を変えたというGACKT。そこには元妻の誕生日に起こったあるエピソードがあったのだ。

焼き肉が好きな彼女のために、誕生日に今まで行ったことのない店に連れて行きたいと思ったGACKT。あまり高そうではない、自分でも入れそうな店に入ったそうだ。しかしメニューを見てびっくり。想像していた値段よりかなり高かったのだ。
「このままでは皿を洗って帰らなきゃ」と思うほどだったらしい。
彼女に
「ガクちゃんは(何食べる)?」と聞かれ、
「いいよ。お腹空いてないから」と自分の分は注文しなかったGACKT。

しかし、彼女はGACKTがお金がないことに気付いていた。
涙を流しながら焼き肉を食べる彼女を見て、
「好きな人をお金のことで苦しめちゃダメだ。男として一番やっちゃいけないことだ」と思ってしまったGACKT。それ以来、「こんなもんでいいや」と妥協することはなくなったらしい。

いろいろな事に妥協を許さず、何事も完璧主義なGACKTの原点は、この出来事があったからなのだろう。
(TechinsightJapan編集部 瑛里)

http://japan.techinsight.jp/2010/04/gackt-ototuma.html
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
.29 2010 GACKT
音楽な話

▲To Page Top


最近の記事

Amazon

Last.fm

お得意様サイトリンク

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。